[内装]和室の更新

すっかり秋ですね!

何をするにも心地の良い気候なのに…もどかしい1年です。



福岡でデザインリノベーション、リフォーム、住宅設備工事をやっています♭

FLAT Renovation Studio/金剛住機株式会社の松田です。



東区で和室の更新をしました。


和室の更新といえば、畳や障子、襖の貼り替えがまず思いつきます。


それから聚楽壁の塗り替え。


はたまた天井板の張り替えなど。



ともあれ和室の減少はこれまでの明らかな傾向として続いてきました。


布団を敷いて寝て、起きたら布団をあげる。

ちゃぶ台を置いて食卓を囲う。

そうした生活スタイルからの変化。


家具やインテリアの洋風化。


さらに、部屋数が極端に限定されるマンションの増加もひとつの要因であるとのこと。




しかしこのところ、和室の必要性はだんだんと見直されてきているようです。


い草のリラックス効果は言わずもがなで、「やっぱり畳は落ち着くなぁ」なんて、里帰りによくある光景として目に浮かぶ気がします。


お仏壇を置かない家庭でも、子供のちょっとした遊び場にしたり、横になったりするスペースにしたり。そのくらいであれば4畳半ほどの広さで十分かもしれません。


客間も兼ねるのであればそれなりの広さが必要でしょう。



今回は更新させていただいたのは、天井・壁がクロス仕上げの和室。

クロスの貼り替えと、襖と障子の貼り替え。

照明器具も取り替えてすっきり更新。

「クロス仕上げの和室」で感じましたが、和室の減少のもうひとつの要因とも言われている…

大工さんや左官さんの減少も現実的な問題なのかもしれません。


もちろん、こうした現代風の和室にもメリットはあります。

手間とコストのスリム化では断然有利でしょう。


触って砂壁が落ちることもありません。


そうした現代のニーズに合わせた結果、和室もカタチを変えているのでしょうね。




『自由を楽しむ イエを楽しむ 想いをカタチに』

『まちのすまいの相談所』


FLAT Renovation Studio /金剛住機株式会社

Office&Showroom 福岡市東区二又瀬18-11

Tel 092-611-5626

FLAT blog

FLATスタッフによるリノベブログです。 スタッフが日々感じていることを自由に書いております。

0コメント

  • 1000 / 1000